たけなかこどもクリニック1 たけなかこどもクリニック2 たけなかこどもクリニック3 たけなかこどもクリニック4 たけなかこどもクリニック5

たけなかこどもクリニックより お知らせ

Information
2020.05.10 / お願い

(固定情報:臨時)今後の病児保育の運用について

いつもご利用ありがとうございます

現在、病児保育のご利用についてご不便をおかけいたしております

現在のご利用指針は以下のとおりです
・当日予約は中止
・ご利用の前日(前日が休日の時は最終診療日)に先に当院の診察を受け、病児保育の利用許可を得てから病児保育のご予約をその日のうちに行う。
・対象は感染性のない疾患、もしくは新型コロナウイルス感染ではないと診断された疾患
・ご利用者は必ずマスク着用のこと
以上のようにさせていただきました。

病児保育の役割としては皆様が社会経済活動を安心して行っていくためにも大切な施設の一つと考えています。
今後、社会経済活動が徐々に再開するにつれ、ご利用の方が増えてくると考えられ、様々なニーズに対応しないといけないと考えています。
しかし、新型コロナウイルスについてはまだまだ私たちにわかっていることは限定的です。特に小児例についてははっきりとデータがそろっていないため確定的なことは言えません。
病児保育を今までどおり運営で行っていくと子供同士の感染集団(クラスター)を作るリスクがあります。これは絶対にあってはならないことです。そのため私たちは以下の対策を講じ、段階的に通常運営に戻していこうと考えています。

子供から子供への感染防止策
・定員6名を全て個室管理として3組もしくは4組限定(組は兄弟)
・各部屋は各々保育士が担当し、接触にはガウン(カッパ代用)をお部屋ごと着替えて対応する
・お預かり対象の方については別記します

大人(保育士)から子供への感染防止策
・保育士の健康管理を徹底し、体調次第では規模を縮小してでも健康管理目的でお休みとさせる。
・保育士の行動管理(流行地や県外移動、集会への参加は事前に施設長に報告。ただし制限は行いませんので場合によっては就業制限をかけます)

子供(利用者)から大人(保育士)への感染防止策
・感染防御策(サージカルマスク、ゴーグル、ガウン着用、手指消毒の徹底)を講じての利用者への接触
・利用者本人も2歳以上はマスク着用厳守
・エアロゾルが発生する吸引はクリニックの指定場所で最低限に。吸入についてはエアロチャンバーを用いた吸入のみとする。
・定期的な換気を行う

利用者の対象として
・感染性のない疾患(怪我やその他の疾患)
・明らかに診断がついた感染症(ただし対象外を参照)
・保護者の方が病児保育内で新型コロナウイルスに対して必要な予防策を取っているにもかかわらず感染のリスクをゼロにすることはできないことを理解して同意していただける

以下の利用者は対象外とさせていただきます(特に保護者の方の健康チェックがメインとなります)
・新型コロナウイルス感染者、並びに濃厚接触者(保健所の指示が必要となります)
・2週間以内の同居されているもしくは接触のあった成人の方で以下の症状を有することがあった場合
 発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐など
・2週間以内の流行地への移動、渡航歴がある方
・咳嗽が非常に多い方(エアロゾルの発生が極めて多いと判断される方)はRSなどの確定診断がついてもご利用いただけない場合がございます(必要な処置が行えないこと、RSなどのウイルスと同時感染例の報告があることから判断させていただいております)
・医師の診察で対象外と診断されたもの

利用方法
・緊急事態宣言下では当日予約はありませんので、今まで通り前日(休日を挟む場合は最終診察日)に当院での診察後、利用許可を得てからその日のうちに病児保育にご予約ください。
・ご予約当日は従来通り朝7時に利用確認の電話をおかけいたします。
・当日の事前診察はありません。ご利用開始時間に直接、病児保育室にお越しください。

上記は18日月曜日から有効とさせていただきます

緊急事態宣言解除後は当日予約も再開いたします。事前診察は病児保育内で行いますので直接病児保育へお越しください。

換気を定期的に行いますので上着をご用意されるようお願いします。

今後、子供達の感染様式が判明したり、学校再開などでの状況を見て対策をその都度変えて参ります。
皆様が安心してお預けできるようそしてニーズにお応えできるように、しかしスタッフの安全も確保しなければいけないため18日月曜日以降は上記のように運用させていただきます。ご理解のほどお願い申し上げます。

ページの先頭に戻る

花びら 花びら 花びら 花びら 花びら